ピロリ菌を除菌できる食品ってどんなもの?

ピロリ菌を除菌できる食品ってどんなもの?

胃がんや胃潰瘍、慢性胃炎の原因となるピロリ菌。
病院で除菌のための治療薬を服用しても、除菌できる確率や約75%だと言われています。
毎日の食事で摂取するものを見直すだけで、ピロリ菌の除菌は自分でできるようになるのです。
ピロリ菌の除菌に効果があると言われている食品は多く、毎日の生活に取り入れやすいでしょう。
代表的なものはヨーグルトがあり、ピロリ菌の除菌効果があると話題になりました。
除菌役と一緒に摂取することで除菌率がさらに上がるというデータもあります。
また、同じヨーグルトでもラクトフェリンを含んだものも免疫機能を活性化させて除菌効果が高いと言われています。
ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、腸内で免疫機能を上げる善玉菌を増やす役割もあり、相乗効果が期待できます。
他にもココアに含まれるカカオFFA、緑茶に含まれるカテキン、ニュージーランド原産の特別なハチミツであるマヌカハニー、コーヒーやニンニク、シナモンにも除菌効果や成長の抑制効果があると言われています。

ピロリ菌に感染するのを予防する

ピロリ菌がいると胃かいようや胃の炎症を起こしやすいといわれています。
ピロリ菌は唾液の中に含まれますので、同じお箸を共用したり、口づけなどでも感染してしまいます。
中年以上の年齢の方で保菌している人が多いですので、孫などのスキンシップには十分注意しなくてはなりません。
一度感染してしまいますと、薬を飲んで除菌するという治療が必要になります。
生まれたての赤ちゃんは無菌ですので、うつらないように大人が予防をしなければいけません。
口移しでものを与えるのはもってのほかですが、自分のお箸でものをあげるのもやめましょう。
虫歯菌やピロリ菌が唾液中にたくさん含まれています。
昔はそれほど気にされていませんでしたが、今は保健師さんやお医者さんからも注意するように説明があります。
まずは自分の胃の検査を受けてピロリ菌がいる場合には除菌しましょう。
検査を受けない限り保菌者かどうかはわかりませんが、あまり他人に唾液が触れるような行動は慎んだほうが良いです。