ピロリ菌がだしている酵素「ウレアーゼ」の特徴とは?

ピロリ菌がだしている酵素「ウレアーゼ」の特徴とは?

胃の粘膜に住みつくといわれるピロリ菌は、ウレアーゼと呼ばれる主成分がタンパク質である酵素を出しています。
もともと酸性に弱いピロリ菌にとって、胃の内部のような高い酸性を示す場所で生き抜く事は、本来であればとても難しいのですが、ピロリ菌が出すこのウレアーゼと呼ばれる酵素には、胃の粘液に存在する尿素を、アンモニアと二酸化炭素に加水分解して中和するという特徴がある為、局所的にアルカリ度の増した胃の内部で生息する事が可能となっているのです。
ウレアーゼは主に微生物・細菌・カビ・種子植物・動物の組織などに分布している酵素で、通常は人間の体内には存在しないとされていますが、ピロリ菌によって胃の内部に発生すると、胃粘膜に劣化を起こしたり、他にも同様にして発生する別の毒素と相まって、体内に悪影響を及ぼすものとされています。
これらの酵素は次第に胃炎や潰瘍などを引き起こしたり、細胞を壊しながら胃がんの原因としても取り上げられている為、早い段階での対応が望まれるといえるでしょう。

ピロリ菌の除菌治療が終わっても定期検診に行くべき理由

胃腸の調子が優れないときは一度ピロリ菌の検査を受けておくことがおすすめです。
ピロリ菌が存在していると胃腸の調子を悪くしてしまうだけではなく、十二指腸潰瘍や胃潰瘍を引き起こすことにつながりますし、将来胃がんになる可能性も高いとされています。
それゆえ、菌の存在が確認されたら除菌治療も検討したいところです。
そして除菌ができれば胃腸の調子が良くなる、胃がんのリスクが大幅に減少するなどがあげられますが、除菌後も定期検診は行っておきたいところです。
まず、定期検診を行っておくと完全に除菌されているのか、まだ菌が残っていないかなどを知ることができますし、胃腸の健康チェックにも役立ちます。
胃がんになっていても、初期の頃はほとんど症状がないため見逃してしまいがちですが、定期的に検査を受けることで早期発見、早期治療につながります。
それゆえ除菌したからと油断せず、その後も定期検診を受け、健康な体の維持に役立てていきましょう。