ピロリ菌の原因は井戸水の場合があります

ピロリ菌の原因は井戸水の場合があります

定期的に胃痛がある、胃が荒れてしまう人はピロリ菌が原因の場合があります。この細菌は胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす原因にもなっています。
感染源は主に経口感染で、井戸水を飲んで感染するケースがあります。
現代ほど上下水道が整っていなかった時代、井戸水を飲む人が多くいました。日本国内では60代以上の半数以上がピロリ菌に感染していますが、感染源は井戸水を飲んでいたからと言われています。
今でも井戸のある地域に住んでいて利用している人は、ピロリ菌に感染する危険性がありますので、なるべく使わないようにしてください。
ピロリ菌は胃ガンや十二指腸潰瘍などの原因にもなる最近です。胃痛に悩まされている人はそのままにせず、病院で検査を受けてみてください。
検査の方法は簡単で、尿素呼気試験法です。胃カメラを飲んで検査するタイプではないので、手軽に結果を知ることができます。
井戸水を飲んで育っている人は検査で調べることをおすすめします。

ピロリ菌の感染経路を知って予防

ピロリ菌はよく聞く菌ですが、人体に最初からいる菌ではありません。感染して人体に住み着く菌です。通常は胃の検査で発見できます。
昔は上下水道が整備されておらず、井戸水を飲む人も多かったことから年代が上の人は胃の中にピロリ菌が見つかることが多いです。
しかし、今は上下水道が整備されているので感染していない人が多くなってきました。では若い人でもピロリ菌が見つかったという人の感染元は何かというと、食べ物もしくは飲み物であることが考えられます。
感染経路は口からであるとされているピロリ菌ですが、キスでは通常感染しません。よって同じスプーンを家族で使っていても大丈夫です。注意しなければいけないのは一度親が噛んで消化しやすくした食べ物を口移しで与える行為です。
乳幼児は感染しやすいので、移らないという可能性がないとは言い切れません。感染経路を遮断する一番の方法は、水回りを清潔にすることです。
台所のぬめりにも住み着いてしまう可能性がありますので、常に清潔を心がけてください。