ピロリ菌検査は簡単なので健康リスク管理上、1度は受けておくべきと思う

ピロリ菌検査は簡単なので健康リスク管理上、1度は受けておくべきと思う

胃炎や胃潰瘍の原因になってしまうピロリ菌。一度感染してしまうと除菌しない限り菌が胃の中に住み続けてしまうと言われています。
胃だけでなく健康リスクの管理上ピロリ菌検査を行い、感染しているのか調べる事が重要になります。
ピロリ菌の除菌を行う前に、除菌療法の対象となる病気の有無を検査する必要があります。胃潰瘍や胃炎、十二指腸潰瘍などがあるか内視鏡検査で調べその後検査で菌に感染しているかを調べます。
菌に感染しているか調べる方法としては内視鏡検査と使わない方法とに分けられます。
内視鏡検査の場合は胃の組織を採取して調べる方法ですが、迅速ウレアーゼ試験、鏡検法、培養法にわけることができます。内視鏡を使わない方法には血液や尿を採取する抗体測定、薬を飲み一定時間経過した後の呼気を調べる尿素呼気試験、便を採取する便中抗原測定が挙げられます。
ピロリ菌検査は対象となる病気に感染している場合調べる事ができ比較的簡単に調べる事ができるため健康リスク管理上、1度は検査することをお勧めします。

ピロリ菌検査で胃がん・胃潰瘍の危険因子を調べます

胃の中に生息しているピロリ菌は、胃がんと密接な関係があります。
胃がんの患者の99%はピロリ菌に感染しており、胃がんの危険因子とされています。胃がんだけでなく胃潰瘍の危険因子でもあり、胃の中のピロリ菌を除菌すると胃がんや胃潰瘍の予防に繋がります。
ピロリ菌検査を受けると菌に感染しているかがわかり、もし感染していた場合は除菌をして取り除くことができます。
検査内容は内視鏡検査と尿素呼気試験、抗体検査、便中抗原検査の4種類です。内視鏡検査以外は健康保険が適用され、安い料金で検査が受けられます。
検査の結果、菌に感染していることが判明した時には、除去治療が行われます。除去治療は菌を殺菌する2種類の抗菌薬と胃酸の分泌を抑制する薬を飲む方法で実施されます。
初回の除去治療で約70%の人が除菌することができ、2回目の除去治療では90%の人が除菌に成功します。
除菌ができると胃がんや胃潰瘍の危険因子が除去され、胃がんや胃潰瘍になりにくくなります。