ピロリ菌が体にいることがわかった時の対処法

ピロリ菌が体にいることがわかった時の対処法

急に胃の痛みに襲われることがあります。
一過性のものなら市販薬で対処できますが、痛みが繰り返すようであれば内視鏡検査が必要です。
そのとき胃潰瘍や胃がんの原因といわれるピロリ菌の確認も行うことがおすすめです。
内視鏡検査で胃炎が見つかりピロリ菌がいることが確認できれば保険治療ができます。
1週間除菌できる薬を忘れることなく服用し続けます。
たったそれだけで完全に除菌できます。
1回目でダメな時でも2次除菌、3次除菌ができるので心配ありません。
サプリメントや食材で対処法が紹介されていることがありますが、服薬で完全に除菌することをお勧めします。
今現在特に症状がなく内視鏡検査が怖いという人は血液検査や呼気検査もあります。
保険治療ができませんが除菌できます。
ピロリ菌は胃がんの主な原因ということが分かっています。
家族や親類で胃がんの人がいる場合は早めに除菌しておけば胃がんのリスクをかなり減らすことができます。

ピロリ菌の除菌療法が終わっても油断はできない!

ピロリ菌の除菌療法が終わって成功しても、油断してはいけません。
ピロリ菌の除菌療法が終わり成功するとピロリ菌が影響している病気などを引き起こすリスクは下がりますが、完全にリスクがなくなるということではありません。
除菌療法後であっても油断せずに医師と相談して定期的な検査を続けることが大切なことです。
除菌療法で成功した後に逆流性食道炎を発症することもあります。
逆流性食道炎は胃酸が頻繁に食道に逆流して食道の粘膜に炎症を引き起こす病気で、胸やけ、口の中まで酸っぱい水があがるような自覚症状があります。
また胃がんなどのリスクが無くなったわけではなく、ピロリ菌の除菌療法が成功後に胃がんを発症する場合もあり得ます。
定期的な検査や胃カメラなどで検査を引き続き行なうことは必要です。
また、除菌が成功することで食欲が増すこともあり、肥満やコレステロール上昇などの生活習慣病になる可能性もあります。
除菌後は油断せずに特に生活習慣病のリスクがある場合には継続的な生活指導が必要です。