ピロリ菌が人体に有害な理由

ピロリ菌が人体に有害な理由

ピロリ菌とは一見すると可愛らしい名前ですが、その語源は胃の出口を意味するピロルスという言葉から由来しています。
胃の中に好んで住みついて胃の壁や膜にダメージを与える細菌の1つです。
ピロリ菌が人体に有害だとされる理由については様々な胃の病気を誘発しやすいという点にあります。
それは慢性胃炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの疾患にかかりやすくなったり、胃がんになる率を何十倍にも高めてしまうからです。
また胃のリンパ腫などといった病気にかかるリスクを上げてしまうなどの悪影響もあります。
ピロリ菌が強い酸性を持つ胃の中で生息できるのは、胃の中にある尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解しているからです。
アンモニアで酸を中和することで、強い酸を和らげて住みやすくしています。
胃の中にこの細菌が住みつくことで、胃の壁を傷つけ胃の守っている粘液を減らします。
そして胃酸の影響をダイレクトに受けやすくなるため、様々な疾患にかかりやすくなるといわれています。
最近では医学研究も進みピロリ菌を減らす効果の期待できるヨーグルトや食品・飲料なども販売されていいます。
これらの健康食品を積極的に摂取して、胃を丈夫に保ち細菌から守りたいものです。

ピロリ菌対策ができる食べ物

ピロリ菌に感染していると、いろいろな病気にかかるリスクが高くなると言われています。
もちろん、除菌のために抗生物質を用いることもできます。
しかしこれによって耐性菌が生じてしまう可能性もあるため、出来るだけ一般の食品から減菌を図ろうとする研究が進んでいます。
たとえばピロリ菌対策として、毎日の食生活を改善することができます。
減菌に効果的な食品として挙げられているものの中にヨーグルトがあります。
ヨーグルトに含まれているある種の菌には、免疫機能を活性化したり、胃の粘膜の炎症を抑えたりする働きがあることで知られています。
さらにピロリ菌対策となる飲み物として、緑茶を挙げることができます。
緑茶に含まれているカテキンが、ピロリ菌の活性化を低下させる効果を発揮するということが分かりました。
この他にもココアに含まれている遊離脂肪酸、ブロッコリーの新芽に含まれているスルフォラファンという成分も減菌に効果的な食品と言われています。
加えて、フコイダンも減菌の働きを持っています。
フコイダンとは、昆布やもずく、ワカメなどに含まれているぬめりの成分です。
是非とも、このような食品を意識的に摂取することによって、減菌対策に努めましょう。

健康食を学ぶ

ピロリ菌を日々の食事や生活習慣を見直すことで撃退する方法が注目されています

ピロリ菌

マヌカハニーをあらゆる面から徹底比較検証

マヌカハニーに注目

生涯現役でいたい男性の為のアルギニンサプリメント情報

アルギニン サプリ